木材加工技術 - 経済産業省特許庁

木材加工技術 経済産業省特許庁

Add: xisiqesu55 - Date: 2020-12-17 06:42:29 - Views: 5605 - Clicks: 9022

「特許庁証明」、(特許審議査定) 新しい加工木材REWが、市場を再生流通するその間、森林の整備、育林等々の山林、森林復活が可能です。 川上から川下までの山林、森林の仕事は経済的に復活します。. 農林水産物等の輸出促進対策(中国四国農政局) 8. 日本からの輸出に関する相手国の制度など(JETRO) 2. 樹脂配合物で成形加工した合成木材は、樹脂の組成制御により、木材と同様に切削、ねじ止め、釘うちが可能であり、耐水性にすぐれた木材状樹脂組成物を得た。 例文帳に追加. 日本政府観光局(JNTO)外部リンク 9.

日本から香港向けに輸出される牛肉について(動物検疫所) 5. 東アジア食品産業活性化戦略 11. 財務省貿易統計(税関)外部リンク 4. 税関外部リンク 2. <経済産業省・特許庁> 「知財で元気な企業」 特許権・ノウハウ・意匠権・商標権等の知的財産権を戦略的に活用し先進的な取り組みを行っている企業を全都道府県で110社を選定。そのうち、和歌山県では2社が選ばれている。. ビジット・ジャパン・キャンペーン(観光庁)外部リンク 8.

バイオテロ法に関する情報(JETRO)外部リンク 4. 経済産業省外局 資源エネルギー庁 Agency of Natural Resources and Energy 資源エネルギー庁長官 次長 大臣官房審議官(資源エネルギー庁担当) 大臣官房参事官(原子力立地担当) 長官官房 総合政策課 会計室 国際課. 米国農務省全米有機プログラム(NOP)基準に基づく認証機関の認定申請について(独立行政法人農林水産消費安全技術センター)外部リンク 10. 日本からの輸出に関する相手国の制度など(JETRO)外部リンク 3. 3 経済産業局は、前項の規定により分掌する事務のうち、第十七条、第二十六条又は中小企業庁設置法第 四条に規定するものについては、それぞれ資源エネルギー庁長官、特許庁長官又は中小企業庁長官の指揮 監督を受けるものとする。.

米国のバイオテロ法に基づく新たな食品規制について(外務省)外部リンク 6. 3 経済産業局は、前項の規定により分掌する事務のうち、第十七条、第二十六条又は中小企業庁設置法第四条に規定するものについては、それぞれ資源エネルギー庁長官、特許庁長官又は中小企業庁長官の指揮監督を受けるものとする。. 1402 生活関連産業用機械・基礎素材産業 食品機械、木材加工機械、パルプ装置・製紙機械、印刷・製本・紙工 用機械製造業 機械、包装・荷造機械、鋳造装置、化学機械、プラスチック加工 機械等. 北海道経済産業局 産業部 新規事業課(インターンシップ 等) 情報政策課(IT活用型経営革新モデル事業 等) 産業技術課(創造補助金、産学官、コンソーシアム、特許 等) 〒札幌市北区北8条西 2丁目1-1. 【参考・経済産業省事業】炭素循環社会に貢献するセルロースナノファイバー関連技術開発事業 (1)革新的cnf製造プロセス技術の開発と(2)量産効果が期待されるcnf利⽤技術の開発を行います。これらに付帯する安全性評価業務は委託事業とし、その他開発は. 野菜の輸出促進(PDF:1,187KB)「第4回今後の野菜政策に関する検討会」(平成20年10月31日) 配付資料.

農林水産物等の輸出促進(東海農政局) 6. 炭素繊維補強集成材が第49回木材加工技術賞を受賞。 年(平成17年) 特許庁発行の特許活用企業事例集に掲載される。 年(平成18年) 「過熱蒸気による鋳型造型プロセスの開発」が経済産業省の「戦略的基盤技術高度化支援事業」に採択。 年. 中小企業等の輸出に関する海外アクセス政府レベル支援制度(JETRO)外部リンク 5.

7 経済産業省戦略的基盤技術高度化支援事業に「CFRP複合材料の新レーザ溶接技術の開発」が採択された。. By this control, a wooden resin composition having excellent water resistance is obtained. 農林水産物等の輸出促進(北陸農政局) 5. 独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)外部リンク 4. 米国農務省全米有機プログラム(NOP)関連情報 9. 輸出促進事業(九州農政局) 9. 農産物・食品等の輸出関連情報(東北農政局) 3.

対米輸出水産食品(厚生労働省)外部リンク 7. 農林水産物等の輸出促進(北海道農政事務所) 2. 独立行政法人日本貿易保険(NEXI)[外部リンク] 7. 食品・農林水産物(JETRO)外部リンク 2. “素形材産業技術賞”表彰は今回で31回目です が、素形材技術の進歩に貢献した多くの新技術が 経済産業大臣賞、中小企業庁長官賞、製造産業局 長賞等を受賞してきました。今年の経済産業大臣 賞は、日産自動車(株)の「ミラーボアコーティン. 私どもは100人足らずの会社で、木材を 加工する機械をつくっております。創業者が人のまねは絶対しないという精神でやってお りますので、100人足らずですが特許室というのがありまして、4名在籍してやっており ます。. 輸出促進対策(近畿農政局)、農林水産物・食品の輸出に関する相談窓口(近畿農政局) 7. 対香港輸出食肉を取り扱うと畜場の認定について(厚生労働省)外部リンク 6.

世界初の「木材の流動現象」を応用して塊状の木材から複雑3次元形状製品をプレスで 成形する技術です。 京都工芸繊維大学 大学院工芸学研究科(修士課 程)生産機械工学専攻1980年修了後、同年4月 通商産業省工業技術院入省、主に金属の成形加工. 〔5〕木材産業の健全な発展を図るため、品質・性能の明確な木材製品を低コストで安定的に供給する流通・加工施設の拠点的設備や乾燥材供給体制の整備、リースによる機械整備の導入等を促進するとともに、地域材を大規模需要者等へ安定的に供給する. バイオマス発電の調査費を今年度経済産業省から約930万円助成してもらうことになっている。 バイオマス発電を軸とした木材工業団地を構想し、新たな木材加工団地設置メリットを、当該地域の木材、国産材、外材等を含めて振興につなげていければと考え.

WASHOKU-Try事業(日本の食材を世界へ紹介)(外務省)外部リンク 2. 財団法人食品産業センター外部リンク 12. nedo)理事。経済産業省産業技術総合研究所室長,紙業服飾 品課長,産業技術政策課長を経て 年より現職。研究所経営(オープンイノベーションハブ戦略) に関する研究,セルロースナノファイバーの産業利用に関する研究等,多数実施。. 米輸出関連ホームページ 2.

今回、日本は「3C」の「“C”ollaboration」推進の第1号として、オーストラリアと「カーボンリサイクルに関する協力覚書」を締結しました。オーストラリアは石炭資源が豊富であり、CO2の回収・貯留技術の開発に積極的に取り組んでいることから、今後、共同研究の実施に向けた検討を進めようというものです。その協力分野とは次の4つです。 CO2の再利用に関する二国間での共同開発プロジェクトは、これまでに例がないものであり、連携によって研究開発が加速することが期待されます。 次回は、「第2回水素閣僚会議」についてご紹介します。. 商品の宣伝やホームページ解説など販路開拓の取り組みをサポートする「持続化補助金」についての解説、活用事例をご. 特定非営利活動法人日本食レストラン海外普及推進機構(JRO)外部リンク 10.

農商工連携 13. See full list on enecho. 物流セキュリティ規制に関する情報(JETRO)外部リンク 3. 「カーボンリサイクル」とは何でしょうか。地球温暖化の原因といわれるCO2の排出量削減がグローバルな課題になっている今、CO2排出量の少ないエネルギー資源への転換や、省エネルギーの努力はもちろん、CO2の削減をさらに進めるための革新的な取り組みが求められています。そこで、CO2を使う「CCUS」(「知っておきたいエネルギーの基礎用語 ~CO2を集めて埋めて役立てる『CCUS』」参照)の方法のひとつとして、CO2を“資源”としてとらえ、これを分離・回収し、燃料や原料として再利用することで大気中へのCO2排出を抑制する「カーボンリサイクル」が有望な手法として注目されています。たとえば、CO2を使って、ウレタンやポリカーボネートといった化学品を製造する、光合成をおこなう小さな生き物「微細藻類」を使ったバイオ燃料に利用する、などの用途が考えられています。 ただ、排出源からCO2だけを分離・回収する過程では、大きなエネルギーを必要とするうえに、多大なコストもかかります。また、CO2は化学的に見ると非常に安定した(結びつきの強い)物質なので、素材や燃料に再利用するため「C」と「O」に分離したり他の原子と結合させたりするなどの加工にも大きなエネルギーやコストがかかり、新たな技術の開発も必要となります。今後はこうした取り組みを国として推進することが必須であることから、経済産業省では、省内に「カーボンリサイクル室」を設置。実用化を目指すための「カーボンリサイクルの技術ロードマップ」を作成しました。この技術ロードマップは、年6月におこなわれたG20エネルギー・環境大臣会合で、国際社会に向けて発表しています。.

果実の輸出促進 2. 香港の栄養表示制度法案(条例案の成立)について(食品産業海外事業活動支援センター) 4. 日本食品海外プロモーションセンター(JFOODO)外部リンク 6. 年度 、 jetro では 、 経済産業省及び特許庁からの受託事業として 、 下記調査報告書を 作成いたしました。随時、 jetro ウェブサイトに掲載しますので、ご参照ください。 <調査テーマ> ・商標冒認出願問題に関する調査研究報告書 ※. 研究者「古田 裕三」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。. 経済産業省に、経済産業局を置くこと。 第五 外局 一 設置 木材加工技術 - 経済産業省特許庁 1 経済産業省に、資源エネルギー庁及び特許庁を置くこと。 2 1に定めるもののほか、経済産業省に置かれる外局は、中小企業庁とすること。 二 資源エネルギー庁.

残留農薬の遵守について 3. 独立行政法人国際交流基金外部リンク 3. 岐阜県木材協同組合連合会(岐阜県岐阜市六条江東二丁目5番6号) 岐阜県森林組合連合会(岐阜県岐阜市六条江東2丁目5番6号) 指定商品又は指定役務. 7 経済産業省地域新生イノベーション開発事業に「高効率レーザピーニンング技術の開発」が採択された。. 農林水産物等の輸出促進(関東農政局) 4. 木材加工技術 - これでわかる - 特許庁 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まって. 米国バイオテロ法に基づく食品規制について(在日米国大使館) 5.

・さらに、木材メーカーの 技術をいかし、より高い耐震 経済産業省特許庁 性能を実現した工法による 木造住宅を開発。 漁業者と貿易業者が連携した取組 ・品質と安定した生産量で評価が高いもずくを 乾燥加工し、生・塩蔵の新商品を開発。 ・asean諸国のマーケット. 「カーボンリサイクル」は、いわば日本発のコンセプトです。これを先進国やアジア・アフリカの途上国などとも共有し、普及・促進をはかることを狙いとして、経済産業省と国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)による「第1回カーボンリサイクル産学官国際会議」が、年9月25日に開催されました。 カーボンリサイクルに特化した世界初のこの国際会議には、米国、オーストラリア、オランダ、カナダなどの先進国をはじめ、アラブ首長国連邦、パキスタン、フィリピン、ベトナム、ブルネイなど、日本もふくめ20の国・機関が参加。各国・機関や大学、民間企業がそれぞれの取り組みをプレゼンテーションし、世界の最新の知見を共有、国際連携の可能性を確認しました。 また、日本のカーボンリサイクルへの今後の取り組みについて、以下の3つのアクションを推進する「カーボンリサイクル3Cイニシアティブ」が発表されました。 1. “C”aravan(相互交流の促進) 国際エネルギー機関(IEA)の開催する「CCUSに関する会合」など関係する国際会議に積極的に参加することなどを通じて、「カーボンリサイクル」の意義や重要性を国内外に普及、理解促進をはかる。また、実際の研究開発に携わる欧米やアジア各国の研究者などとネットワークを構築し、海外の研究者などが来日する機会に日本国内の研究拠点を訪問してもらうなどして、情報交換を促進する。 2. “C”enter of Research (実証研究拠点の整備) これまで個々におこなわれていた研究開発を1カ所で集中してできるよう、実証研究の拠点を整備する。拠点は、高効率化された石炭火力発電により、CO2の分離・回収の実証事業がおこなわれている広島県大崎上島に置く。 3. “C”ollaboration(国際共同研究の推進) 国際共同研究を推進し、パートナーとなりうる国との協力を強化する。. 公益社団法人日本木材加工技術協会の登記住所、本社住所に関する情報です。 登記上の本店住所 〒112-0004. 自社の保有する技術を異分野に転用したことで、新たな事業が広がり、今やこの企業を支える主力製品にまで発展したという。 もうけの花道 - 知的財産web動画セミナー事業(経済産業省中国経済産業局中国地域知的財産戦略本部) 輸出入手続(税関)外部リンク 3. See full list on maff.

対米輸出食肉を取り扱うと畜場の認定について(厚生労働省)外部リンク 8. 特許取得: 経済産業省 特許庁 特許第573号 ※ポリエステル化粧板製造工程の一部と樹脂液表面仕上げ手段及びその製造装置について特許を取得しています。 ホルムアルデヒド放散等級 (公財)日本合板検査会 認証番号:jpic-dw133. 中国・台湾での我が国地名の第三者による商標出願問題への総合的支援策について(特許庁)外部リンク 4.

木材加工技術 - 経済産業省特許庁

email: avevi@gmail.com - phone:(136) 199-9913 x 8193

木材加工技術 - 経済産業省特許庁 - コンメンタール 寒河江孝允

-> 【版画】松本零士「母なる地球へ」/31x41cm
-> 循環器ナーシング 2016.2 特集:高齢者の術後管理~アセスメントのポイントはどこ?~

木材加工技術 - 経済産業省特許庁 - 柳与志夫 知識の経営と図書館 図書館の現場


Sitemap 1

小5 ハイクラステスト 国語読解力 - 小学教育研究会 - 小沼修一 しかしかつのなんぼん